テーマ:場面緘黙症

2010年度日本特殊教育学会第48回大会でシンポジウムを開催します

かんもくの会は、今年度の長崎大学における日本特殊教育学会第48回大会でシンポジウムを開催します。 2007年度日本特殊教育学会第45回大会(神戸市)、 2007年度日本行動療法学会第33回大会(神戸市)、 2008年度日本特殊教育学会第46回大会(米子市)、 2009年度の日本特殊教育学会第47回大会(宇都宮大学) でシンポジウムを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年度日本特殊教育学会第48回大会でシンポジウムを開催します

かんもくの会は、今年度の長崎大学における日本特殊教育学会第48回大会でシンポジウムを開催します。 2007年度日本特殊教育学会第45回大会(神戸市)、 2007年度日本行動療法学会第33回大会(神戸市)、 2008年度日本特殊教育学会第46回大会(米子市)、 2009年度の日本特殊教育学会第47回大会(宇都宮大学) で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪神大震災

明日で阪神大震災から15年になる。 地震が起きた時、自分は大学の研究室で徹夜で修士論文を書いている最中だった。 建物が崩れるのではないかと思うぐらいすごい揺れに震え上がって、机の下に隠れた。 後で自分の学校のあたりは震度5ぐらいだったことがわかった。 それでもたいへん恐ろしかったのに、震度6とか7に見舞われた人たちはどんなだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪神大震災

明日で阪神大震災から15年になる。 地震が起きた時、自分は大学の研究室で徹夜で修士論文を書いている最中だった。 建物が崩れるのではないかと思うぐらいすごい揺れに震え上がって、机の下に隠れた。 後で自分の学校のあたりは震度5ぐらいだったことがわかった。 それでもたいへん恐ろしかったのに、震度6とか7に見舞われた人た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緘黙症シンポジウムのアンケートなどを公開

特殊教育学会第47回大会最終日の9月21日、無事に緘黙症シンポジウムを終えることができました。 シンポジウムから1週間以上経って、ちょっと遅くなりましたが、かんもくの会のホームページにシンポジウムの来場者からいただいたアンケートの回答とシンポジウム冒頭で私が行った企画趣旨説明の要旨を公開しました。 また、シンポジウムで冊子として配布…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緘黙症シンポジウムのアンケートなどを公開

特殊教育学会第47回大会最終日の9月21日、無事に緘黙症シンポジウムを終えることができました。 シンポジウムから1週間以上経って、ちょっと遅くなりましたが、かんもくの会のホームページにシンポジウムの来場者からいただいたアンケートの回答とシンポジウム冒頭で私が行った企画趣旨説明の要旨を公開しました。 また、シンポジウムで冊子と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日から特殊教育学会大会

明日19日から3日間、宇都宮大学で日本特殊教育学会の第47回大会が開かれます。 私たちのシンポジウムは最終日21日ですが、私は初日から大会に参加します。 初日には、私たちがたいへんお世話になっている先生がポスターセッションで緘黙症に関する研究の発表を行ってくださいます。 本当にありがたいです。 私たちもさらに多くの方々に緘黙症に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日から特殊教育学会大会

明日19日から3日間、宇都宮大学で日本特殊教育学会の第47回大会が開かれます。 私たちのシンポジウムは最終日21日ですが、私は初日から大会に参加します。 初日には、私たちがたいへんお世話になっている先生がポスターセッションで緘黙症に関する研究の発表を行ってくださいます。 本当にありがたいです。 私たちもさらに多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のシンポジウムの第一の目的

前回の記事で緘黙症シンポジウムの開催案内の前にシンポジウムの第一の目的を述べていましたが、目的の部分だけ切り離して書き込み直します。 昨年のシンポジウムでは、従来ほとんど知られることのなかった、成人後に緘黙症の深刻な影響を残して苦しむ人々の存在を、比較的状態の改善している当事者話題提供者が間接的にお話ししました。 今回のシンポジウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のシンポジウムの第一の目的

前回の記事で緘黙症シンポジウムの開催案内の前にシンポジウムの第一の目的を述べていましたが、目的の部分だけ切り離して書き込み直します。 昨年のシンポジウムでは、従来ほとんど知られることのなかった、成人後に緘黙症の深刻な影響を残して苦しむ人々の存在を、比較的状態の改善している当事者話題提供者が間接的にお話ししました。 今回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特殊教育学会大会における緘黙症シンポジウムの御案内

かんもくの会は、一昨年度の日本特殊教育学会第45回大会(神戸市)と日本行動療法学会第33回大会(神戸市)においてそれぞれ緘黙症シンポジウムを開催しました。 昨年度は日本特殊教育学会第46回大会(米子市)においてシンポジウムを開催しました。 今年度も日本特殊教育学会第47回大会(宇都宮大学)においてシンポジウムを開催します。 ■20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特殊教育学会大会における緘黙症シンポジウムの御案内

かんもくの会は、一昨年度の日本特殊教育学会第45回大会(神戸市)と日本行動療法学会第33回大会(神戸市)においてそれぞれ緘黙症シンポジウムを開催しました。 昨年度は日本特殊教育学会第46回大会(米子市)においてシンポジウムを開催しました。 今年度も日本特殊教育学会第47回大会(宇都宮大学)においてシンポジウムを開催します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷の生徒

この間、地元の個別指導塾の夏期講習講師募集に応募して研修を受けてきました。 (結局不採用だったのですが) 塾の社員講師の人に教え方などの説明を受けたり、模擬授業をしたりしました。 その社員講師は、そこの塾はなによりも講師のコミュニケーション能力を重視するということを力説していました。 その時点で、あ~こら自分はあかんわ~と思ってま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

氷の生徒

この間、地元の個別指導塾の夏期講習講師募集に応募して研修を受けてきました。 (結局不採用だったのですが) 塾の社員講師の人に教え方などの説明を受けたり、模擬授業をしたりしました。 その社員講師は、そこの塾はなによりも講師のコミュニケーション能力を重視するということを力説していました。 その時点で、あ~こら自分はあかん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シンポジウム開催日は9月21日に決定

日本特殊教育学会の大会ホームページで大会のプログラムが発表されました。 私たちのシンポジウムは大会最終日の午後に自主シンポジウム59として行われることになりました。     日時: 9月21 日(月) 14:00 ~ 16:00     会場: 宇都宮大学峰キャンパス 1353 教室 通算4回目になる今回のシンポジウムは、今後…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シンポジウム開催日は9月21日に決定

日本特殊教育学会の大会ホームページで大会のプログラムが発表されました。 私たちのシンポジウムは大会最終日の午後に自主シンポジウム59として行われることになりました。     日時: 9月21 日(月) 14:00 ~ 16:00     会場: 宇都宮大学峰キャンパス 1353 教室 通算4回目になる今回のシ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「おかあさんのつうしんぼ」

この前、知人から「おかあさんのつうしんぼ」という本を紹介してもらって読みました。 30年ぐらい前に書かれた子ども向きの本です。 緘黙症がこの話のテーマというわけではないのですが、主人公の友達の中に場面緘黙の子が出てきます。 緘黙という言葉は話の中にもあとがきにも一切出てきませんが、その子の行動の描写を読むと場面緘黙に違いないです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「おかあさんのつうしんぼ」

この前、知人から「おかあさんのつうしんぼ」という本を紹介してもらって読みました。 30年ぐらい前に書かれた子ども向きの本です。 緘黙症がこの話のテーマというわけではないのですが、主人公の友達の中に場面緘黙の子が出てきます。 緘黙という言葉は話の中にもあとがきにも一切出てきませんが、その子の行動の描写を読むと場面緘黙に違いな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緘黙症シンポジウム

かんもくの会は一昨年、昨年と日本特殊教育学会の年次大会でシンポジウムを開催しました。 今年も同学会の第47回大会でシンポジウムを開催します。 かんもくの会のホームページにシンポジウムのタイトルやシンポジストを掲載したので、どうぞお越しください。 詳しい内容は後日改めて掲載する予定です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緘黙症シンポジウム

かんもくの会は一昨年、昨年と日本特殊教育学会の年次大会でシンポジウムを開催しました。 今年も同学会の第47回大会でシンポジウムを開催します。 かんもくの会のホームページにシンポジウムのタイトルやシンポジストを掲載したので、どうぞお越しください。 詳しい内容は後日改めて掲載する予定です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の日

前は今日の1月15日が成人の日で、20年ほど前、私も地元の成人式に行きました。 私は高校に入るまでは場面緘黙症ではなかったので、私が緘黙症になったことを知る人は地元にはごく近しい人たちの他にはいませんでした。 けれども、緘黙の私を知らない中学までの知り合いばかりなのに、彼らに久しぶりに会うのは懐かしくもありましたが、居づらい気分のほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の日

前は今日の1月15日が成人の日で、20年ほど前、私も地元の成人式に行きました。 私は高校に入るまでは場面緘黙症ではなかったので、私が緘黙症になったことを知る人は地元にはごく近しい人たちの他にはいませんでした。 けれども、緘黙の私を知らない中学までの知り合いばかりなのに、彼らに久しぶりに会うのは懐かしくもありましたが、居づらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

役に立つ力

2006年に放送していた朝の連続ドラマ「純情きらり」が好きで毎回見ていました。 宮崎あおいが主演してました。 その中で宮崎あおいが扮する主人公がぎっくりこしで急に動けなくなった熟練の料理人の代わりに自分が料理を作りますと申し出る場面がありました。 そのとき、熟練の料理人は主人公に向かって、 「いくら役に立ちたいという気持ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

役に立つ力

2006年に放送していた朝の連続ドラマ「純情きらり」が好きで毎回見ていました。 宮崎あおいが主演してました。 その中で宮崎あおいが扮する主人公がぎっくりこしで急に動けなくなった熟練の料理人の代わりに自分が料理を作りますと申し出る場面がありました。 そのとき、熟練の料理人は主人公に向かって、 「いくら役に立ちた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いのちの電話

今日の新聞の一面に「いのちの電話」の職員が不足していて全国で24時間対応できないところが半分程度もあることが報じられていた。 社会人になってから私はいのちの電話に電話をかけたことがある。 場面緘黙症の後遺症を引き摺って職場の人たちと上手く関わることができず、あまりにも辛くて相談相手もいなくてどうしようもなくなっていたときだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いのちの電話

今日の新聞の一面に「いのちの電話」の職員が不足していて全国で24時間対応できないところが半分程度もあることが報じられていた。 社会人になってから私はいのちの電話に電話をかけたことがある。 場面緘黙症の後遺症を引き摺って職場の人たちと上手く関わることができず、あまりにも辛くて相談相手もいなくてどうしようもなくなっていたときだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス集会

12月23日に京都でかんもくの会の会員集会を開きました。 集合場所の京都駅は伊勢丹百貨店の入った巨大ビル。 当然、百貨店の中はクリスマス一色、たぶんクリスマスのための買い物客でいっぱいでした。 私も例に漏れず子どものころクリスマスは楽しい大イベントでした。 けれども場面緘黙症を引き摺って大人になってからは学校や会社で催されるクリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス集会

12月23日に京都でかんもくの会の会員集会を開きました。 集合場所の京都駅は伊勢丹百貨店の入った巨大ビル。 当然、百貨店の中はクリスマス一色、たぶんクリスマスのための買い物客でいっぱいでした。 私も例に漏れず子どものころクリスマスは楽しい大イベントでした。 けれども場面緘黙症を引き摺って大人になってからは学校や会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緘黙をもちながら成長する人たち

前回、自分が緘黙症を経て幼児がえりを起こしていたことを書いた。 私ほど情けない状態になってしまうのは稀なのかもしれないが、緘黙症の当事者で成人後に同年代の人より自分が幼く感じるという人はけっこういることをなにかの文献で読んだ。 しかし、私が直接出会ってきた当事者の人たちの中には、そういった心の成長が阻害された印象を全く受けない人たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緘黙をもちながら成長する人たち

前回、自分が緘黙症を経て幼児がえりを起こしていたことを書いた。 私ほど情けない状態になってしまうのは稀なのかもしれないが、緘黙症の当事者で成人後に同年代の人より自分が幼く感じるという人はけっこういることをなにかの文献で読んだ。 しかし、私が直接出会ってきた当事者の人たちの中には、そういった心の成長が阻害された印象を全く受けな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more