テーマ:人生

第2次社会復帰活動

再び仕事を得る活動をしています。 今度は健康の制約を考えながらもあるかもしれないですが、苦戦しています。 この前はよくすんなり再就職できたものだと思います。 運が良かったとしか言えません。 それが2カ月ももたなかった。 残念でなりません。 幸い家で静養している限りは健康状態は元に戻りました。 しかし、退職以来、自分がうつ病の爆…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

第2次社会復帰活動

再び仕事を得る活動をしています。 今度は健康の制約を考えながらもあるかもしれないですが、苦戦しています。 この前はよくすんなり再就職できたものだと思います。 運が良かったとしか言えません。 それが2カ月ももたなかった。 残念でなりません。 幸い家で静養している限りは健康状態は元に戻りました。 しかし、退…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

退職から一ヶ月

2年ぶりに再就職したのに、2ヶ月ももたずに退職してから1ヶ月経ちました。 幸い、心身は就職前の調子に戻りました。 自分はもう普通の体ではなくなっていることがわかったので、短期のアルバイトでもしながら少しずつ慣らしていくのがいいだろうか。 そろそろ再々復帰を考え始めました。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

退職から一ヶ月

2年ぶりに再就職したのに、2ヶ月ももたずに退職してから1ヶ月経ちました。 幸い、心身は就職前の調子に戻りました。 自分はもう普通の体ではなくなっていることがわかったので、短期のアルバイトでもしながら少しずつ慣らしていくのがいいだろうか。 そろそろ再々復帰を考え始めました。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

社会復帰失敗

完治したと信じて再就職しましたが、自分はもう元の体ではないことを証明することになってしまいました。 仕事を始めてすぐに早朝覚醒するようになっていましたが、はじめは昼間に影響はありませんでした。 ところが、3週間ぐらいたった頃から、昼間に疲れが出るようになり、仕事中ふらふらになるようになってきました。 迷いましたが、これ以上体調が悪化…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

社会復帰失敗

完治したと信じて再就職しましたが、自分はもう元の体ではないことを証明することになってしまいました。 仕事を始めてすぐに早朝覚醒するようになっていましたが、はじめは昼間に影響はありませんでした。 ところが、3週間ぐらいたった頃から、昼間に疲れが出るようになり、仕事中ふらふらになるようになってきました。 迷いましたが、これ以上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

社会復帰

実は1月に再就職をして2年ぶりに社会復帰しました。 前の仕事は過労からうつ病になってしまい、いったん復帰したもののなかなか状態がよくならないので、病気をきちんと治すために思い切ってやめました。 それ以来、心療内科に通いながら自宅で療養をしていました。 のんびりと静養したおかげで、まだ減薬中で薬は少しだけ飲んでいるものの、病気は完全に治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会復帰

実は1月に再就職をして2年ぶりに社会復帰しました。 前の仕事は過労からうつ病になってしまい、いったん復帰したもののなかなか状態がよくならないので、病気をきちんと治すために思い切ってやめました。 それ以来、心療内科に通いながら自宅で療養をしていました。 のんびりと静養したおかげで、まだ減薬中で薬は少しだけ飲んでいるものの、病気は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の日

前は今日の1月15日が成人の日で、20年ほど前、私も地元の成人式に行きました。 私は高校に入るまでは場面緘黙症ではなかったので、私が緘黙症になったことを知る人は地元にはごく近しい人たちの他にはいませんでした。 けれども、緘黙の私を知らない中学までの知り合いばかりなのに、彼らに久しぶりに会うのは懐かしくもありましたが、居づらい気分のほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の日

前は今日の1月15日が成人の日で、20年ほど前、私も地元の成人式に行きました。 私は高校に入るまでは場面緘黙症ではなかったので、私が緘黙症になったことを知る人は地元にはごく近しい人たちの他にはいませんでした。 けれども、緘黙の私を知らない中学までの知り合いばかりなのに、彼らに久しぶりに会うのは懐かしくもありましたが、居づらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

努力

どんなに努力をしていても、一度の過ちによって信頼は一瞬に崩れ去り、生涯軽蔑の対象となる。 努力の価値は認められず、汚物を避けるように冷ややかに人は去る。 反省を認めてもらえなくても・・・侮蔑の対象の人物のままであっても・・・それでも努力を続けていくしかない。 すみませんでした。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

努力

どんなに努力をしていても、一度の過ちによって信頼は一瞬に崩れ去り、生涯軽蔑の対象となる。 努力の価値は認められず、汚物を避けるように冷ややかに人は去る。 反省を認めてもらえなくても・・・侮蔑の対象の人物のままであっても・・・それでも努力を続けていくしかない。 すみませんでした。
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

引越し

約一ヶ月間ブログを更新していなかった。 なぜかといえば、この半月ほどとても忙しかったから。 諸事情のために急遽、実家を出て転居することになり、その準備や作業でおおわらわだった。 引越し作業は一昨日やっと終わった。 僕は貧乏根性が根付いてるので、学生時代の頃から引越しを業者に頼んだ事がなく、今回もレンタカーの2トンアルミバンを借りて全部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引越し

約一ヶ月間ブログを更新していなかった。 なぜかといえば、この半月ほどとても忙しかったから。 諸事情のために急遽、実家を出て転居することになり、その準備や作業でおおわらわだった。 引越し作業は一昨日やっと終わった。 僕は貧乏根性が根付いてるので、学生時代の頃から引越しを業者に頼んだ事がなく、今回もレンタカーの2トンアルミバンを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退職

先日の記事で書いたように、今日、退職した。 これで嵐のような前半生が終わったんか・・・という気分がうっすらとする。 それ以外、退職したことによって、とくに、これといった大きな感情はなく、昼過ぎに帰宅するや、早速、連絡を取りたかった人たちに電話をかけまくったり、HPの更新をしたり・・・ いつの間にかこちらが自分の本業になっていた。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

退職

先日の記事で書いたように、今日、退職した。 これで嵐のような前半生が終わったんか・・・という気分がうっすらとする。 それ以外、退職したことによって、とくに、これといった大きな感情はなく、昼過ぎに帰宅するや、早速、連絡を取りたかった人たちに電話をかけまくったり、HPの更新をしたり・・・ いつの間にかこちらが自分の本業にな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

よろよろとだけど・・・2年目のスタートに当たって

5年前、長い長い学生時代に終止符を打った。 しかし、やっと社会人になったと思いきや、とんでもない運命的な転換が起こり、また社会人として生きることを3年延期することになった。 その3年というのは、引きこもりたいわけでもないのに、ある強力な人物に強制的に自宅待機を余儀なくされた3年だった。 あまりにも無駄に過ごされる時間がもったいなく、つ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

よろよろとだけど・・・2年目のスタートに当たって

5年前、長い長い学生時代に終止符を打った。 しかし、やっと社会人になったと思いきや、とんでもない運命的な転換が起こり、また社会人として生きることを3年延期することになった。 その3年というのは、引きこもりたいわけでもないのに、ある強力な人物に強制的に自宅待機を余儀なくされた3年だった。 あまりにも無駄に過ごされる時間がもったい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

新年の願い

去年は生き甲斐を見失って絶望に耐えた年だった。 今年はどうか生き甲斐を再び見出せる年でありますように。 生き甲斐・・・生きるに値するもの。生きていく張り合いや喜び。 自分にとっては、これだと見定めた対象に情熱を傾けて一心不乱に努力できること。 自分は生き甲斐を持たずに生きていくことを強烈に拒絶してしまう人間。 これ以上、虚無感や絶望…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

新年の願い

去年は生き甲斐を見失って絶望に耐えた年だった。 今年はどうか生き甲斐を再び見出せる年でありますように。 生き甲斐・・・生きるに値するもの。生きていく張り合いや喜び。 自分にとっては、これだと見定めた対象に情熱を傾けて一心不乱に努力できること。 自分は生き甲斐を持たずに生きていくことを強烈に拒絶してしまう人間。 これ以上…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

方角を見失った情熱

僕は緘黙を引きずってはいたけど、情熱をもって生きてきた。 自分は夢をもって夢の実現に情熱を傾けるタイプの人間だと思う。 自分の持ってる価値観では、人並みの人生や、安定した生活といったものよりも、夢や目標に向かって冒険することが大切なことだった。 けれども、情熱を注ぐ道が塞がれて、今の仕事へ飛び込んだのは、仕方がなくという選択だった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

方角を見失った情熱

僕は緘黙を引きずってはいたけど、情熱をもって生きてきた。 自分は夢をもって夢の実現に情熱を傾けるタイプの人間だと思う。 自分の持ってる価値観では、人並みの人生や、安定した生活といったものよりも、夢や目標に向かって冒険することが大切なことだった。 けれども、情熱を注ぐ道が塞がれて、今の仕事へ飛び込んだのは、仕方がなくという選択だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小さくて大切なもの

いまのように心が弱っているとき、小さいけど大切なもの、柔らかなもの、優しいものを、切なく愛したことを思い出したりする。 小さいころ、母がとうもろこしの皮で作ってくれた人形や、 小学校でなくしてしまった靴下のこと... 靴下をなくしたのはたしか小学3年生の2学期の始業式の日だった。 その日履いてた白い靴下を、プールに入るのに脱いだのだっ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

小さくて大切なもの

いまのように心が弱っているとき、小さいけど大切なもの、柔らかなもの、優しいものを、切なく愛したことを思い出したりする。 小さいころ、母がとうもろこしの皮で作ってくれた人形や、 小学校でなくしてしまった靴下のこと... 靴下をなくしたのはたしか小学3年生の2学期の始業式の日だった。 その日履いてた白い靴下を、プールに入るのに脱…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

場面緘黙症になったわけ

僕は高校入学のときから緘黙症になった緘黙者の中の変わり者だ。 場面緘黙症になったわけは...結局わからない。 中学生のときからだんだんと、 自分には「なにか」が人よりぜんぜん足りない、と感じていた。 そのなにか…が、なんと言えばよく分からないが、 それが自分に足りないから、自分は人とぜんぜん違っていて、 受け入れられない人だという、そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

場面緘黙症になったわけ

僕は高校入学のときから緘黙症になった緘黙者の中の変わり者だ。 場面緘黙症になったわけは...結局わからない。 中学生のときからだんだんと、 自分には「なにか」が人よりぜんぜん足りない、と感じていた。 そのなにか…が、なんと言えばよく分からないが、 それが自分に足りないから、自分は人とぜんぜん違っていて、 受け入れられない…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

65歳で初めて自分が場面緘黙症と知る 米国保護者団体SMG-CANサイト邦訳 (5)

65歳になって初めて自分が場面緘黙症だったことを知った人がいる。 それはいったいどんな気持ちだろう... それを知ったときからその人の人生はいくらかでも変わるのだろうか? 生きている間に知っただけでもよかったかもしれない。 確実に一生、場面緘黙症という言葉にたどりつくことなく過ごす人がいる。 自分と似た経験をした人が他にもいることを知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

65歳で初めて自分が場面緘黙症と知る 米国保護者団体SMG-CANサイト邦訳 (5)

65歳になって初めて自分が場面緘黙症だったことを知った人がいる。 それはいったいどんな気持ちだろう... それを知ったときからその人の人生はいくらかでも変わるのだろうか? 生きている間に知っただけでもよかったかもしれない。 確実に一生、場面緘黙症という言葉にたどりつくことなく過ごす人がいる。 自分と似た経験をした人が他にもいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more