緘黙児を支援する会 設立メンバー募集

場面緘黙症の知識を社会に広めるためには、いつかブログを飛び出して実社会で活動しなければならないと前々から自分に言い聞かせてきました。
ブログにもときどき書いてました。

実は、6月から実社会での活動をすでに始めています。

その最初の企画を実行した際に、「緘黙児を支援する会」という団体名を対外的に仮に名乗りました。

会といっても、いまはまだ代表の僕のほかに会員は一人だけです。

そのときの企画を遂行するのにかなり負担が大きかったので、この先ひとりで大きな企画を実行するのは難しいなあと感じました。
そのため、思い切って「緘黙児を支援する会」を本格的なボランティア団体にしようと考えています。

いま、会の設立のための初期メンバーを募っています。
だいたい10名程度集まってくれればいいなと思っています。

設立のためのメンバーなので、入会したらすぐにいろんな情報がもらえるなどとは考えないでください。

いま場面緘黙症で苦しんでいる子ども達の代弁者となり、この場面緘黙症研究後進国の日本を場面緘黙治療の先進国に変えたいという気持ちをもっている人たちを歓迎します。

緘黙児を支援する会 設立メンバー募集」というHPを暫定的に立ち上げたので、ご関心のある方はどうか一度ご覧になってください。そのHPから入会希望のメールを出すことができます。

ところで、当会を名乗るきっかけとなった企画は成功しました。
事情があってその企画はしばらく一般の方にはお教えできません。
当会の賛助会員以上の役の方にはお教えできます。

それから、現在、行政を相手にもう一つの企画を実施中ですが、苦戦しています。

当面、実働部隊は代表の僕一人ですので、会員になってくださった方は掲示板などで自由に発言してもらえれば結構です。
僕の企画案に意見や批判をくださるとありがたいです。

さて、いよいよ挑戦を始めます。

最終目的の成就までにだいたい10年から20年ぐらいかかると考えています。
長い道のりですが、欧米でできていることが日本でできないはずはない。
僕はそう信じています。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村 特別支援教育

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)