ほんとうは暖かい光が好き 〜場面緘黙症との闘い

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年度日本特殊教育学会第48回大会でシンポジウムを開催します

<<   作成日時 : 2010/09/10 12:10  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

かんもくの会は、今年度の長崎大学における日本特殊教育学会第48回大会でシンポジウムを開催します。

2007年度日本特殊教育学会第45回大会(神戸市)、
2007年度日本行動療法学会第33回大会(神戸市)、
2008年度日本特殊教育学会第46回大会(米子市)、
2009年度の日本特殊教育学会第47回大会(宇都宮大学)

でシンポジウムを開催したのに続いて5回目のシンポジウムになります。


■2010年度日本特殊教育学会第48回大会における『緘黙症シンポジウム』開催のご案内

緘黙症シンポジウムは同大会の自主シンポジウム49として開催されます。


日本特殊教育学会第48回大会 学会の大会案内サイト

  大会期間:2010年9月18日〜20日
  会場: 長崎大学(長崎県長崎市)

緘黙症シンポジウムの開催日時及び会場

 日時:9月20日 午前9時30分〜11時30分
 会場:長崎大学文教キャンパス 25番講義室


シンポジウムタイトル

『緘黙症の特異性を踏まえた現実的解決策に向けて』

シンポジスト

企画者弥生桜(かんもくの会)
 藤田継道(関西国際大学 教育学部)
司会者藤田継道(関西国際大学)
話題提供者弥生桜(かんもくの会、緘黙症当事者)
 松田明子(かんもくの会、緘黙症当事者かつ緘黙児の保護者)
 
指定討論者奥田健次(桜花学園大学)


シンポジウムの進行予定

1.企画者(弥生桜)によるシンポジウムの趣旨説明
2.話題提供者による講演
@弥生桜 かんもくの会の活動を通じて分かってきた、一般に知られにくい緘黙症に特異な問題とそれを踏まえた解決のための現実的な方向性についてお話しする予定である。
A松田明子 我が子の場面緘黙克服支援の取り組みと自らも緘黙児であった経験を語る。
3.指定討論者によるコメントや提言
4.来場者との質疑応答



一般の方のご来場に関して

非学会員の一般の方は、一日臨時会員として会費3000円を当日、大会の受付で支払えば、緘黙症シンポジウムにご来場いただけます。参加予約などは必要ありません。(一日臨時会員になられると、緘黙症シンポジウムだけでなくその日の他のセッションなどに自由に参加することができます。)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「かんもくの会」のホームページへお越しの方はここをクリックしてください
2010年度日本特殊教育学会第48回大会でシンポジウムを開催します ほんとうは暖かい光が好き 〜場面緘黙症との闘い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる