アクセスカウンタ

<<  2009年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


「おかあさんのつうしんぼ」

2009/06/21 23:32
この前、知人から「おかあさんのつうしんぼ」という本を紹介してもらって読みました。
30年ぐらい前に書かれた子ども向きの本です。

緘黙症がこの話のテーマというわけではないのですが、主人公の友達の中に場面緘黙の子が出てきます。

緘黙という言葉は話の中にもあとがきにも一切出てきませんが、その子の行動の描写を読むと場面緘黙に違いないです。

その子はクラスメートや先生の支えで緘黙を克服していきます。
その過程がとても現実的なことに驚きました。

著者自身が昔学校の先生だったとプロフィールに書いているので、もしかしたら実際にあったことを元にしているのかもしれません。

興味のある方はぜひ読んでみてください。


おかあさんのつうしんぼ
 宮川ひろ著 偕成社文庫 630円






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「おかあさんのつうしんぼ」

2009/06/21 23:32
この前、知人から「おかあさんのつうしんぼ」という本を紹介してもらって読みました。
30年ぐらい前に書かれた子ども向きの本です。

緘黙症がこの話のテーマというわけではないのですが、主人公の友達の中に場面緘黙の子が出てきます。

緘黙という言葉は話の中にもあとがきにも一切出てきませんが、その子の行動の描写を読むと場面緘黙に違いないです。

その子はクラスメートや先生の支えで緘黙を克服していきます。
その過程がとても現実的なことに驚きました。

著者自身が昔学校の先生だったとプロフィールに書いているので、もしかしたら実際にあったことを元にしているのかもしれません。

興味のある方はぜひ読んでみてください。


おかあさんのつうしんぼ
 宮川ひろ著 偕成社文庫 630円




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


運が悪ければホームレス

2009/06/20 18:21
この間の2年ぶりの再就職で病気が再発しかかったことで、いったん体調を戻してから再び仕事を得る活動をしているのですが・・・

う〜ん、厳しい。

健康上の制約がなければ可能性はもっと広がると思うのですが・・・

貧乏には慣れているとはいえ、これ以上収入がないのはやばいです。

もし帰る所がなかったらホームレスになってるところですよ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


運が悪ければホームレス

2009/06/20 18:21
この間の2年ぶりの再就職で病気が再発しかかったことで、いったん体調を戻してから再び仕事を得る活動をしているのですが・・・

う〜ん、厳しい。

健康上の制約がなければ可能性はもっと広がると思うのですが・・・

貧乏には慣れているとはいえ、これ以上収入がないのはやばいです。

もし帰る所がなかったらホームレスになってるところですよ。
記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2009年6月のブログ記事  >> 

トップへ

「かんもくの会」のホームページへお越しの方はここをクリックしてください
ほんとうは暖かい光が好き 〜場面緘黙症との闘い 2009年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる